ももクロのライブに初めて行く人でも全力で楽しめる方法!

momoclo, live

モノノフ歴5年です!ねこたろです!

ももクロといえばライブ!

めちゃめちゃ行きたいんだけど、行ったことないからちょっと怖い……。

そんな人、けっこういると思います。私も5年前はそうでした!

そこで今回は、ライブ参戦30回くらいの中堅モノノフ、私ねこたろが、

初めての人でも全力でライブを楽しめる方法をお教えします!

大前提!チケットを手に入れよう!

ももいろクローバーZのライブに行くには、ライブチケットが必要です。

ももクロのホームページにライブチケット販売の案内があるので、そこから申し込んで手に入れましょう。

ももクロのチケットは早い者勝ちではなく抽選のことが多いです。申し込み数が多い時はよく落選します。

AE(エンジェルアイズ)というファンクラブに入ると、会員先行受付があるので、一般の人よりチケットゲットのチャンスが多くなります。

ファンクラブ入ってても外れるときゃ外れるけどね

チケットは普通2枚まで取れます。友人知人を誘って行くと楽しいです。ちなみに私はいつも1人でライブに行っていますが、1人でもめちゃめちゃ楽しいです。

最近はお子様ファミリー席やグループ席など、座席の種類が増えてきて、ライブによっては2人以上でも申し込めることもあります。自分に合った席を選んで申し込みましょう。

ライブ会場では入場の時に本人確認があるので、チケットを申し込んだ人は絶対に行かなければなりません。他の人に譲ってもらったり、オークションなどで不正に手に入れたチケットでは入れません。

ももクロのライブは転売防止に本気です。顔認証や身分証の提示が必要です。転売されたチケットでは本当に入れません。お金と時間を無駄にします。チケットはちゃんと正規のルートで手に入れましょう。

ちゃんとしてるよね。えらいね

心構え

初めてのライブだと、ドキドキしてソワソワしてどうすればいいか分からないと思いますが、これだけ覚えておいて下さい。

バカになれ!

これです。

ももクロのライブはクラシックコンサートとは違います。大声を出しても誰も怒りません。むしろ盛り上がるので大歓迎です。座って見てる人なんていません。みんなももクロちゃんに大声で声援を送っています。

ライブは非日常の空間です。恥ずかしいからと大人しくしてるなんてもったいないです。逆に恥ずかしいです。せっかくなら頭のネジを一本外して、馬鹿騒ぎしましょう。

Don’t be shy ! 自分を解き放とう!

準備

持っていく物

ペンライト

ペンライトは必須です。ライブ中は自分の好きなメンバーの色のペンライトを持って振りまくります。ドン・キホーテとかで売ってるサイリウム(ペキッと折ると光るやつ)でもOKですが、私は光が弱く感じるし細いと思うので、ペンライトをオススメします。ライブ会場でも買えます。

5色を切り替えられるギガライトがオススメだよ

タオル

ライブ中はかなり汗をかきます。タオルがあるといいでしょう。あと、ツヨクツヨクという曲ではタオルをくるくる振り回すので、その時の為にも用意しておきましょう。ライブ会場でも買えます。

夏は首に巻かないと痛いくらい日焼けするよ

好きなメンバーの色の服

TシャツでもパーカーでもなんでもOKです。推し色の服を着ましょう。

全員好きだから1色に絞れないという人は、5色が入った服か、黒い服を着ましょう。黒は「箱推し」という、推しを選べない人が着る色とされています。

れにちゃんが何度も「推しはハッキリ!」と言っているので、できれば箱推しじゃなく、メンバーカラーを着るようにしましょう。

ももクロ公式で出している服じゃなくてもOKです。カープのユニフォームなら夏菜子推しになりますし、サッカーブラジル代表ユニフォームならしおりん推しになります。手持ちで工夫しましょう。

お裁縫ができる人は自分で衣装を作ってるよ!すごいね!

夏のライブは扇子(せんす)

桃神祭や夏の馬鹿騒ぎといったライブでは扇子が必須です。ワニとシャンプーという曲で扇子を振りながら踊るからです。あと、暑いときにあおぐこともできます。

ワニシャン最高!

これが一番大事かもしれません。ライブ中はかなり汗をかきます。ノドがカラカラになると声も出せなくなります。水分補給を忘れないようにしましょう。2本くらい欲しいところです。

スタジアムなどの芝生の上に席がある時は、水だけしか持ち込めないことがあります。ジュースとかだとこぼれたら芝にダメージが残るので、芝生席になった人は注意しましょう。

僕はいつもいろはす2本持っていくよ

曲の予習

絶対覚えておきたい曲

  • 行くぜっ! 怪盗少女
  • ピンキージョーンズ
  • Chai Maxx
  • 走れ!
  • ツヨクツヨク
  • ワニとシャンプー(夏限定)
  • サンタさん(冬限定)
  • 労働讃歌

この辺は鉄板です。ライブDVDとかYouTubeとかで見てコールを覚えましょう。

上手にできたら超うれしいよ

覚えたらもっと楽しめる曲

  • ミライボウル
  • Z伝説~終わりなき革命~
  • 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
  • Z女戦争
  • 黒い週末
  • あーりんは反抗期!
  • 事務所にもっと推され隊
  • 仮想ディストピア
  • Chai Maxx ZERO
  • ゴリラパンチ
  • ザ・ゴールデン・ヒストリー
曲ごとにコールが違うからおもしろいよ

他にもいっぱいオススメな曲がありますが、よくやる曲・コールや掛け合いが楽しい曲に絞らせてもらいました。

知らない曲が出てきても周りの人を見たら大体分かるので心配しないで大丈夫です。

静かな曲やバラード曲はコールせずにペンライトをゆっくり振りましょう。

ライブでの禁止行為

転売屋から買ったチケットで入場する

これはマジでダメです。入ろうとしても本人確認厳しいので入れません。お金と時間の無駄。売ってても絶対に買っちゃダメ!

出禁になっちゃうよ

お酒を飲んで入場する

勢いをつける為に飲みたくなるのは分かりますが絶対ダメです。他の人の迷惑になるかもしれませんし、体調が悪くなって倒れたりするかも。そうなったらライブが中止になっちゃうかもしれません。

飲酒ライブはケガの元

ライブを撮影・録音する

これもマジでダメです。ライブの思い出にとやりたくなってしまいますがダメです。DVDやBlu-rayが出たら買いましょう。

ルールは守ろう

ペンライトをたくさん持つ

通称バルログと言われる指の間にめいっぱいペンライトをはさむ行為は禁止です。改造して眩しいくらい光るペンライトを持っている人もいますが、あれもダメです。できれば公式のペンライトを使いましょう。

何本もくるくる回してる人が注意されてたのを見たよ

変なジャンプ禁止

後ろの人が迷惑するような高いジャンプは禁止です。ジャンプするタイミングじゃないのにジャンプするのも禁止。連続でぴょんぴょんジャンプするのも禁止です。

労働賛歌の時に跳びすぎないようにしよう

その他、人の邪魔になる行為は禁止

ナンパしたり、暴力をふるったり、いろいろありますが、普通に考えてダメだろうなってことはダメです。

清く正しくいきましょう

これらの禁止事項をやると、係員さんに注意されます。

それでもやめなかったり悪質だと判断されると開場からつまみ出されます。

最悪ライブ自体が中止になることもあるとのことなので絶対にやめましょう。

マジかんべん。ルールを守って楽しく盛り上がろう

ライブ以外での禁止行為

出待ち

ライブ終わりにももクロちゃん達が出て来るのを待ち構えるのはやめましょう。

交通のさまたげになります

ももクロちゃんを追いかける

この前、ももクロちゃん達が泊まっているホテルまで追跡したアホがいましたが、絶対にやめましょう。プライベートと区別をしっかりつけましょう。

ストーカー行為はマジでやめよう

ライブ当日にはこうしよう

会場へ向かおう

いよいよライブ当日。朝ごはんをちゃんと食べたら会場へ向かいましょう。

電車で会場に向かうと、会場に近づくにつれ、カラフルな服装の人が増えてきます。

会場がある駅に着くと、一面5色の服を着た人ばかりになります。その人達について行くと会場まで迷わずたどり着けるでしょう。

カラフルな服で移動するのはちょっと……。という恥ずかしがり屋さんは、カバンにライブ用の服を詰めて行き、会場の近くでササッと着替えるといいと思います。

開演の3時間前くらいには到着しておきたいところです。

電車でモノノフを見つけるとなんか嬉しくなるよ

物販に並ぼう

開場前にはグッズ販売があるので並びましょう。(大きいライブだと、物販の時間を事前に申し込む必要がある時もあります。)

長い列の先に、物販ブースが見えてきます。並んでいる途中に、こんな物がありますよーという商品写真と値段が書かれたパネルがあるので、それを見て買うものを決めておきましょう。

私のおすすめはTシャツ。買ったらすぐ着ましょう。

あとペンライトもおすすめ。ちょっと高いけどギガライトっていうやつを買えば5色に切り替えられるのでどんな状況にも対応できます。一本買ってみては?

ペンライトは買ったらすぐにちゃんと光るか確認しよう。たまに壊れてるのがあるよ

あとは、その時しか売ってないものは買っておきたいところ。今やってる【ももいろクローバーZ ジャパンツアー「青春」】だとペナントを買っておくといいかもしれません。思い出になります。その他、その会場でしか手に入らないご当地グッズもあるので、欲しいなと思ったら買っておくのが吉。

そして忘れちゃならない公式生写真。小さい茶封筒に写真が5枚入ったものが1000円で買えます。中には当たりの写真も入っていて、メンバー直筆のメッセージとサインが書いてあるものがあります。これを目当てにみんな買います。

ぼくは1回も当たったことありません

現在行われている青春ツアーでは、非公式生写真が販売されています。1枚200円。私が行った広島会場では、手作りの露店で、川上マネージャーと古屋マネージャーが交代で売っていました。何が写っているかはお楽しみ。

あとガチャガチャ。ももクロガチャをやりましょう。300円で1回まわせます。中はバッジとかいろいろ入ってて毎回変わります。今回はシリコンリストバンドが入っていて、私は運良く2つゲットできました。ガチャの中に当たりって書かれた紙?みたいなのが入っていて、それをスタッフさんに渡すと、超豪華商品と交換してくれます。

ももクログッズは変なものが多くておもしろいです。たまに普段使いできそうなまともな物もあります。いっぱい買ってももクロちゃん達がずっと活動できるように貢献しましょう。

人気商品は売り切れることもあるから早めに行こう

CD・DVD売り場をチラ見しよう

ももクロのライブでは、会場のどこかにCDやDVDを売っているブースがあります。そこで買うとポスターがもらえるので、まだ持っていないものがある人は会場で買うといいと思います。

会場先行で発売するCDとかもたまにあるよ

ファンクラブブースに行こう

ファンクラブに入っている人は会員証を機械にピッてかざすと、当たりはずれが分かるファンクラブくじを引くことができます。(機械じゃなくて箱に手を突っ込んでくじを引く時もあります。)

当たりの商品はすごくて、好きなライブ3つご招待とか、サイン入り非売品グッズとかいろいろあって毎回変わります。今回の青春ツアーではメンバーが書いた青春という文字がプリントされた手ぬぐいが当たるみたいです。

ぼくは毎回はずれだよ。はずれでもシールとかもらえるよ

ファンクラブに入っていない人は、ファンクラブブースで書類を書いてお金を払えば、その場で入会できます。

現地で入会した人だけがもらえるグッズもあるし、手数料もかからないので、ネットで申し込むよりお得です。

いろいろ特典があるので迷ってる人は入会してみては?

ファンクラブ専用ホームページにも入れるようになるよ。動画とか限定グッズとかあって最高だよ。メンバーから年賀状も届くよ

会場を探検しよう

グッズを買って一段落したら、会場を探検してみましょう。

ももクロを育てた名物マネージャー川上アキラさんをはじめ、フルちゃん、てしろさん、ヨネさん、カインドの社長、トシ子ちゃんなど、知ってる人は知っている微妙な有名人達がその辺を歩いています。見つけたらラッキー。みんな優しいからこころよく写真を撮らせてくれるけど、一応声をかけてからにしましょう。

大きいライブだと、大道芸人がパフォーマンスしていたり、永野さんやゴルゴなんとかという芸人さんなどが、無料でお笑いライブをやっていたりします。開場までの暇つぶしに見て楽しみましょう。

川上さんはほぼ毎回見かけるよ

パンチを食べよう

今やっている青春ツアーは小さめの会場を回るライブなので飲食の出店はありませんが、春の一大事、桃神祭、夏の馬鹿騒ぎ、ももクリなどの大きな会場では、食べ物や飲み物の出店がいっぱい出ます。

串焼き、米さんカレー、かき氷など、いろいろなものが売っていますが、その中でも絶対に食べておきたいものがあります、パンチです。パンチとは、ももクロちゃん達がライブ前に必ず食べるという山田うどんのもつ煮込みのことです。モノノフたちもこれを食べて、ももクロライブへ挑む体力をつけます。めちゃめちゃおいしいです。

山田うどん最高!

事前認証をしよう

ももクロのライブでは、当日の開場時間まで自分がどこの席なのか分かりません。開場した後に入り口で本人確認をした後、正式なチケットを発行してもらって初めて自分の座席が分かります。

ファンクラブ会員の人は、ICチップ入りの会員証を機械にかざして、登録してある顔写真と見比べられて、本人だと認めてもらったらチケットを出してもらえます。

ファンクラブ以外の人は、ファミリーマートなどで発券した紙のチケットと、免許証や学生証などの顔写真入りの身分証明書を見せて、チケットを出してもらいます。

このシステムは、小さめの会場だと問題ないのですが、大きい会場だと、入り口で人がごった返して入場がスムーズにいかない場合があります。

それを回避するために、大きい会場の時は、チケットの事前認証をすることができます。

開場時間前に事前認証ブースに行くと、この本人認証〜チケット発券の作業を先に済ませることができます。座席も事前に分かるので、会場に入ってから迷わずにすみます。大きい会場ではなるべく事前認証を済ませておくようにしましょう。

事前認証してもらったら手首に紙のリストバンドをしてもらえるよ

他のモノノフさんを観察する

みんな自分の好きな格好をしていて、見ているだけでとても楽しいです。

Tシャツやパーカーを着ているだけの人もいれば、全身カラフルな人、手作りの衣装を着た人、きぐるみを着ている人など、本当にいろんな人がいます。

次のライブに来ていく衣装の参考にしましょう。

個性を爆発させよう!

開場時間になったら

ライブには、開場時間(open)と開演時間(start)があります。

開場時間は会場への客入れの時間です。

開場から開演まで、小さい会場だと1時間、大きい会場だと2時間くらいあります。開場待ちの列ができるので、ちゃんと並んでから入りましょう。

あんまりギリギリの時間に入ろうとすると、意外に時間がかかってしまい、席に着く前にライブが始まってしまうなんてこともありますので、時間に余裕を持って入場しましょう。

早めに入場しても、曲がかかっていたりVTRが流れていたり、ももクロちゃんたちが事前に録音したウェルカム音声が聞けたりするので、退屈することはないでしょう。

開演前に叫び始めるフライングモノノフもいるよ。おもしろいよ

開演時間になったら

ライブスタート!

いよいよライブの始まりです!

始まり方は、

  • VTRやOvertureという曲が流れて、盛り上がったところでももクロちゃん登場
  • いきなりももクロちゃんが登場して何曲か歌う

という2パターンあります。

どっちも最初からパワー全開で行ってOKです。思いっきり声を出してペンライトを振りましょう。

会場には先輩モノノフたちがたくさんいて、初心者をエスコートしてくれます。ウリャノフと呼ばれる熟練者たちがウリャと言うので、あなたはオイッ!と言えばOK。

ウリャ!オイ!ウリャ!オイ!ウリャ!オイ!ウリャ!オイ!

これが基本の掛け声になります。あとは事前に覚えたコールをやったり、曲の合間にメンバーの名前を叫んだり、おしゃべりの時間にももクロちゃんたちが質問してきたら答えたりしましょう。周りの人の迷惑にならない程度に自分の思うがままに楽しんでください。

ももクロのライブは席が遠くても全然楽しめるよ!でも、よく見たい人は双眼鏡を持っていこう!

アンコール!

一通りライブが終わったらももクロちゃんたちはバイバーイ!と引っ込みます。

しかし終わりではありません。アンコールタイムの始まりです。

自分で言い始めなくても大丈夫、すぐに誰かがアンコールと叫び始めます。会場全体がアンコール!アンコール!と叫だしてしばらくすると、Overtureという曲が流れ始めるか、ももクロちゃんが飛び出してきてくれます。(アンコールが無いときもあります。その時は、アナウンスで以上でライブ終了です的なことを言ってくれます。)

アンコールで何曲か歌ってくれた後、ももクロちゃん達がライブの締めの挨拶をしてくれます。マイク無しの生声で「ありがとうございましたー!」と叫んでくれるので、拍手と歓声で応えましょう。(生声の挨拶は無いときもあります。)みんなが引っ込んだら、終わりのVTRが流れます。(小さいライブだと流れません。)この世の幸せを感じてください。

ももクロ最高!

ライブが終わったら

規制退場に従おう

ライブ終了のアナウンスがあったら席を立って早く帰りましょう。と言いたいところですが、大きい会場だと退場するのに混雑するので、座ったままでいましょう。

規制退場というものが行われます。スタッフさんがマイクで、アリーナの人退場してください、2階席の左側の人退場してください、などと順番に誘導してくれます。決して前の人を押したりしないように、ゆっくり退場しましょう。

もしゴミが落ちていたら拾いましょう。ももクロのファンは礼儀が良いと言われています。先輩に習いましょう。

帰り際に出口でビニール袋に入った何かをもらえるよ。何が入っているかは秘密だよ

駅でもマナーよくしよう

帰りの駅はめちゃめちゃ混雑します。電車にはももクロのファン意外もたくさんいるので、絶対に迷惑をかけないようにしましょう。モノノフの悪い行為はももクロの悪印象になってしまいます。ライブの余韻を味わいながら静かに帰りましょう。

モノノフはマナーが良いからあんまり心配してないけどね

最後に

以上がももクロのライブの楽しみ方です。

初めての人は緊張すると思いますが、新しい仲間をみんな歓迎しています。ももクロ好きな人は誰でもウェルカムです。

怖がらずにライブに行ってみましょう。絶対に面白いです。最高です。マジ最高。マジで。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする