ベランダにハトが!どうすれば来なくなるの?私を苦しめた鳩を追い払うまでの激闘の記録

ベランダにハトが来る聞いた感じほのぼのした光景に思うかもしれませんが、実際は地獄です。

フンが半端ないんです。ベランダ中が真っ白になるくらいフンをするんです彼らは。掃除しても掃除しても終わらないんです。無限ウンコ製造機です。

今もハトがベランダに来て苦しんでいる人、いるんじゃないでしょうか?しつこくやってくる彼らに白旗を上げた人もいるかもしれません。

でも希望を捨てないでください。私はハトを追い払いました

私が5年間住んでいた東京都杉並区高円寺のマンション。そこに入居した時から住み着いていたハトとの激闘の記録と、どうやって追い払ったかをご紹介します。

引っ越したら何か変

10年前、私は住んでいた東京都杉並区阿佐ヶ谷のアパートから、隣の駅、高円寺の古いけど造りがしっかりした8階建てのマンションに引っ越しました。

2DKのけっこう広い4階の部屋です。家賃は12万円。高校の同級生とルームシェアをすることにしたので、1人6万円。

引っ越しの日、レンタカーを借りて二人で荷物を全部運び込み、部屋で一息ついていた時、あることに気づきました。

あ、ゴキブリだ!
友達
うわ、まじだ!やっつけろ!
任せろ!やー!やっつけたど!
友達
わっ!後ろにもう一匹いる!
ぎゃー!うりゃ!やっつけたど!
友達
でかした!ん?こっちにもう一匹おる!
ギャーッ!なんじゃこの部屋は!

このように、入居してすぐに一度に3匹のゴキブリが出たのです。

まだいるんじゃないかと部屋を見回していると、換気の為に開けていた窓から、ゴキブリが一匹歩いて入って来ました。

やつらは部屋の中からではなく、窓の外から入ってきていたのです。

窓の外から入ってきとる!窓の外に殺虫剤ぶっかけよう!
友達
よっしゃ!シューッ!

窓の外に向かってゴキジェットプロをぶっかけたところ、この世のものとは思えない光景が。

窓の外にはおそらく100匹以上のゴキブリたちが待機しており、殺虫剤でパニックになった群れがナウシカの王蟲の群れのごとく波のようになって逃げていったのです。マジでトラウマです。オェッ。

ギャァーーース!
友達
ギャァーーース!
なんじゃこの部屋!もうこんな部屋おれん!
友達
逃げよう!ここにいたら死ぬ!今日はネカフェに泊まろう!

私たちは脱兎のごとく部屋を飛び出し、高円寺駅前の汚いネカフェで夜を明かしました。

原因が分かった

朝イチで、この部屋を紹介した不動産屋さんに乗り込みました

ゴキブリがめちゃめちゃいて住めない!他の部屋を紹介するか掃除しに来るかどっちか選べ!

と言うと、

「部屋を変えるのはきびしいから、掃除に行きます。」

小太りのおじさんが、ほうきとちりとりとゴミ袋を持ってきました。

部屋に着き、私と友達は怖くて開けられなかったので、おじさんひとりで突入してもらいました。

しばらく外で待っていると、おじさんが出てきて

これはやばすぎる、ごめんよーほんとにごめんよー

と言い、電話で応援を呼びました。

いったいなにが起きてるんだ

私たちはガタガタ震えながら応援を待ちました。

十数分後、応援の若者が殺虫剤と何かの液体とゴミ袋たくさんを持って現れました。

そしておじさんと若者が部屋の中に入ってしばらくして、もう入って大丈夫と言われたので、私たちは恐る恐る部屋に入りました。

若者の持っているゴミ袋には、黒い木の枝のようなものがパンパンに詰まっていました。

そしておじさんは言いました。

「ベランダにあるエアコンの室外機の裏にハトが巣を作ってて、それがゴキブリの巣になってたみたいだね。温かいからね。ごめんよー、ほんとにごめんよー。」

そう言っておじさんと若者は去って行きました。

ありがとう。ってか入居前に掃除しとけっつーの

ハトがベランダにいた

おじさんと若者の活躍で、それからゴキブリはほとんど出なくなりました。

その代わり、ハトがベランダに来るようになりました

あ、ベランダにハトがいる!2匹も!
友達
あの巣の持ち主にちがいない!もう巣は無いのに!

あの巣の持ち主なのでしょう。おそらくオスとメスのつがいです。

入居した時からベランダに貼ってあったハト避けのネットがあるにも関わらず、彼らはそれをくぐり抜けてベランダに入って来ました。

窓開けたら飛んで逃げた!まぁまた来ても追い払えばそのうち諦めるでしょ

地獄の始まり

朝起きると、ポロッポポロッポとハトがベランダで鳴いている。仕事から帰ると巣があった場所でじーっとおとなしく身を寄せ合っている。

そして窓を開けると慌ててネットをくぐり抜けて向かいのビルの屋上へ逃げていく。

そんな生活が1ヶ月ほど続きました。

帰巣本能なのか、巣が無くなったのに、2匹のハトは私の部屋のベランダに執着しているようでした。

最初はまぁいいか。と思っていましたが、次第にベランダが白くなってきました。そう、糞(フン)です。

掃除しても次の日には同じ量がそこにある白いフンの山

きみたちフンしすぎ。マジかんべん

仕事が忙しく、家を空けることが多かったため、久しぶりに家に帰ると大量のフンの山。疲れているしめんどくさいしで掃除せずに放置していると、いつの間にかフンの山はものすごい大きさになってしまいました。

もう掃除するのつかれた。そのうち片付けよう

ある日、ベランダが水浸しになるくらいの大雨が降りました。

すると、水に溶けて柔らかくなったフンの山が排水口を塞ぎ、せき止められた水でベランダが池のようにタプンタプンになっているではありませんか。

友達
おい!ベランダえらいことになってるぞ!
ん?あ!ほんまや!あふれとる!

これはやばい、掃除しときゃよかた。そう思った瞬間、部屋の呼び鈴が鳴りました。

ピンポーン。ピンポーン。ピンポーン。

!!

これはクレームの鳴らし方だ!絶対ベランダの件だ!

怖くてどうしようか迷いましたが、覚悟を決めて出てみると、隣の部屋のヤンキーっぽいおじさんでした。

「お兄さんとウチのベランダ繋がってるからこっちも池みたいになってるんよ!なんとかしてーな!ハトがいっぱいフンしてるやろ!あれ片付けてーな!たのむわ!」

大阪の人でした。

ごめんなさい!すぐ掃除します!

大雨の中、ハトのフンが溶けた水の中に足を突っ込み、大量のドロドロのかたまりを5重にしたゴミ袋に詰め込みました。地獄でした。

1時間ほど作業して、やっと排水口に水が流れて危機を脱することができました。

ハト対策いろいろ

それから真剣にハトを追い出そうと対策を始めました。

悪いが出ていってもらうよ

すでに貼ってあるハトよけネットの他に、もうひとつネットを買ってきて、隙間を塞ぐようにベランダに張りました。

二重のネットで侵入は不可能。もう安心だ。そう思っていた次の朝、ポッポッポッポッという声がベランダからするではありませんか。

なに!どうやって入ったんじゃ!

すぐに追い払いましたが、二重のネットがあるので外に出られずベランダで暴れ狂います。

「出られないのにどうやって入ってきたんだ」と不思議に思いましたが、とにかくこいつらを出さなければと思い、ネットを少しめくってやって外に逃がしました。

するとルームシェアをしている友達が

友達
ハトが入ってくる瞬間見たぞ
え、どうやって入ってきたん?
友達
向かいのビルから一直線に飛んできて、網の直前で羽をたたんで弾丸みたいなフォルムになって網の目から入ってきてた
マジか!
友達
そんで引っかかってめっちゃ暴れながら必死になって入ってきてた

なんという執念。そんな目にあってまで入りたいのかこのベランダは。巣はもう無いのに。

それからさらに目の細かいネットを買い、三重のネットしました。

しかし、彼らはまた入ってきました

今度はネットを通るのを諦めて、隣の大阪人の部屋のベランダから、防火扉のわずかな隙間をくぐりぬけて入ってきたのです。

負けを認める

防火扉の隙間を埋めようかとも思いましたが、私にはもう戦う気力がありませんでした。

オレの負けだ。このベランダ、自由にお使い下さい。

と負けを認め、三重に張った網を外しました。

ハトが来なくなった

ネットを外してすぐ、変化が起きました。ハトが来なくなったのです。

向かいのビルの屋上からこっちをじーっと見ているだけで、ベランダに近寄ろうとしません。

「え?なんで?オレ負けを認めたのに。自由に来ていいのに。」

と不思議がっていたところ、友達が、

友達
ネットが無くなってベランダが安全じゃなくなったからじゃない?
なるほど!たしかに網のこっちがわに入ったらカラスとかに襲われる心配が無い
友達
そういうこっちゃ!ネットがあったからハトが来てたんだ逆に
逆に

全ての謎が解けた瞬間でした。

最後に

これが私とハトの激闘の記録の全てです。

ベランダネットで追い払おうというのが、そもそも逆効果だったんですね。

その後、ハトはベランダに来ることはなく、いつしか向かいのビルの屋上からも姿を消しました。完全勝利です。

もし今、ベランダにハトが来てお困りの人で、ネットを張っている方がいましたら、一度ネットを外してみてはいかがでしょうか?

このやり方が全てのハトに効くかは分かりません。しかし、これでハトが来なくなったのは事実です。

この方法がうまくいって、ハトで苦しんでいる人に平和な日々が戻ることを心から祈っています。