いびきを止める方法ってあるの?簡単な止め方10個

いびきで妻を苦しめています。ねこたろです

いびきかいてますか?

私はすごく大きないびきをかいているらしく、よく妻に笑われています。

男性ならまぁ笑われるくらいで終わりますが、女性の場合はかなり恥ずかしい思いをします。

女友達で旅行に行った時にガーガーいびきをかいてしまうと、録音されて友達に拡散されて影で笑われたり、陰湿ないじめに発展しかねません。

今回は、いびきを簡単に止める方法を紹介します。参考にしてみてください。

なぜいびきが出るのか

いびきとは、ノドの奥にある「のどちんこ」や「舌」が緩んだり大きくなったりして、空気の通り道を狭くしてしまうときに起きる、抵抗音や摩擦音のこと。

疲れた時には、のどちんこや舌の緊張が緩むので、空気の通り道がせまくなっていびきが出ます。

酔った時にも、のどちんこや舌が充血して大きくなっていびきが出ます。

太っている人も、のど周辺に付いた脂肪が気道をせまくしてしまうので、いびきが出ます。

疲れてなくて、酔ってもいなくて、太ってもいないのに普段からいびきをよくかく人は、生まれつき空気の通り道がせまいか、のどちんこが大きいか、舌の筋肉が弱いか、何かの病気を持っているのが原因でしょう。

疲れて酔っ払って太ってるおじさんは高確率でいびきで迷惑をかけてるよ

自分のいびきを止める方法

1.高い枕をやめる

いびきの原因は、喉の空気の通り道がせまくなることです。

高いまくらを使うと、喉がつぶれて気道がせまくなり、いびきが出る原因となります。

高いまくらを使っている人は、低いまくらに変えてみましょう。

ニトリの一番安い400円くらいの枕がおすすめだよ

2.横向きに寝る

仰向けで寝ると、のどちんこや舌が下に垂れたり大きく腫れたりした時に気道がふさがりやすくなり、いびきが出やすくなります。

横向きに寝ると、のどちんこや舌が垂れたり腫れたりしても、あまり気道がふさがらないので、いびきが出にくくなります。

テレビで矢口真里さんが横向きでもいびきかいてたけどね

3.舌の筋肉を鍛える

舌の筋肉が弱いと、眠った時にベチャッとなりやすく、気道をふさいでしまいます。

舌の筋肉を鍛えると、眠った時も形を保っていられるので、いびきが出にくくなります。

舌を思い切り出して、上下左右に動かした後、ぐるぐる回す運動をすると良いでしょう。

この運動は効くぜ!

4.鼻呼吸にする

いびきが出る=口で呼吸しているということなので、鼻で呼吸することを意識してみましょう。

眠ってる時にそんなこと意識できないよ、という人は、口にテープを貼って、物理的に口が開かないようにしてみましょう。いびきが出ません。

ただし、鼻が詰まっている時にこれをやると命の危険があります。自分で判断して下さい。

絆創膏を貼るのがいいらしいよ

5.いびきを止めるグッズを使う

私の友達が使っているのですが、寝る前にスプレーする「イビキスト」という商品がけっこう効果があるみたいです。

あとは、鼻の通りをよくする「ブリーズライト」という鼻に貼るシールも効果があります。

サプリとかも出ているみたいですが、効果があるか分からないので紹介はやめておきます。

自分に合うのが見つかればいいね

6.手術する

どうしてもいびきを止めたい人は、手術するのもいいでしょう。

のどちんこと扁桃腺をレーザーで取り除いて、いびきを止めることができる手術があります。

けっこう痛いらしいのですが、本当に悩んでいる人はこれもアリかもしれません。

恐ろしい。最終手段だね

人のいびきを止める方法

一緒に寝てる人のいびきがうるさくて眠れない!

私の妻のような悩みを持っている人、多いと思います。

そんな人にオススメな、他人のいびきを止める方法はこちら!

1.体を押して横向きにする

仰向けで寝てガーガーいびきをかいている人は、ゆっくり押して横向きにしてあげましょう。

気道が確保されていびきが出にくくなります。

気付かれないようにゆっくり押すのがポイントです。

けっこう気付かれずにイケるよ

2.鼻の下にリップをぬる

においで脳を刺激して、いびきを止める方法があるようです。

ちょっと刺激的な匂いがするものが良いらしいので、ミントとかのスーッとする香り付きのリップを鼻の下に塗ってあげましょう。

いろんな匂いを試してみよう

3.光を当てる

スマホのライトなどを目に当てると、いびきが止まることがあるようです。

目をつむってても光は感じるみたいよ

4.デコピンする

これは私が編み出した技なのですが、いびきをかいている人のおでこに軽くデコピンすると、高確率でいびきが止まります。やってみてください。

やりすぎると朝赤くなって気付かれるよ

最後に

これらの方法も、効果があるかどうかは個人差があります。

いろいろ試して自分に合った方法を探してみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする