SIMカードのサイズが違っても使えるってほんと?交換手数料不要の2つの裏技

iphone,sim

裏技大好き!どうもねこたろです

スマホの新しい機種を買ったり、友達からスマホをもらったりしたときに、今使っているSIM(シム)カードの大きさが合わずに入らないことがあります。

普通は手数料を払って、SIMカードを交換してもらうのですが、手数料を払わなくても大きさの違うSIMカードを使えるって知ってましたか?

SIMカードの大きさが合わなかったら普通は交換する

SIMカードの大きさは3つあります。

  • 一番大きい標準SIM
  • 中くらいのnanoSIM
  • 一番小さいmicroSIM

今使っているスマホにnanoSIMが入っていて、新しく買ったスマホにはmicroSIMしか入らない場合、物理的にSIMカードが入らないので、キャリアやMVNOの会社に連絡して、違う大きさのSIMカードに交換してもらう必要があります。

その時かかる手数料は3000円くらい。

手続きめんどくさいし、けっこう高いよね

交換しなくてもSIMが使える裏技!

SIMのサイズが合わないと、普通はお金を払って交換してもらいますが、実は手数料を払わずにSIMのサイズを変更する方法があるんです!

サイズが違うSIMでも、実は必要な部分は金属の部分だけなのです。

ということは、金属の部分以外の形をスロットに合わせて変えてやればいいのです!

これを知った時はかなりの衝撃を受けたよ僕は

小さいSIMから大きいSIMへ

nanoSIMやmicroSIMを、大きいサイズに変更したい場合は、

SIMアダプター」を使えば一瞬でできます。

sim01

sim02

↑こんな感じで、小さいSIMカードをアダプターにはめ込むだけでOK!

あとは新しいスマホに差し込めば使えます!

値段は50円くらいで買えます!「SIMアダプター」で検索してみましょう!

知ってた?僕は知らなかった!

大きいSIMから小さいSIMへ

標準SIMやnanoSIMを、小さくしたい場合。

この場合はちょっと強引な作業が必要となります。

やり方は、金属部分の周りのプラスチック部分を切断して形を合わせる。これです。

ちょっと怖いかもしれませんが、金属部分を傷つけなければ大丈夫。

ハサミやカッターで切るのもアリですが、もっと簡単な方法があります。

SIMカッター」という商品を使う方法です。

SIMをカットするためだけに作られた専用カッターで、大きなSIMを一瞬で小さなSIMに変えることができます。

ただ、金属部分を切ってしまわないように慎重に。切ってしまったらSIMを再発行するハメになります。

1000円以下で買えるので、「SIMカッター」「SIMパンチ」などで検索してみましょう!

手数料3000円より全然お得だよね

最後に

普通にサイズを変更すると3000円、裏技を使えば50円〜1000円くらいでできちゃいます。

なんでも自分でやれるDIYの時代です。

払わなくてもいいお金は払わずに、賢く節約していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする