カラオケ大嫌い!でも強制的に歌わされちゃう!どうすればいいの!?

karaoke

仲のいい友達同士で行くカラオケって楽しいですよね。

でも、会社の忘年会の後とかにカラオケに行くパターン。嫌ですよね。

その場に上司がいたら本当に最悪で、強制的に歌わされたりします。

しかし、嫌だ嫌だと言っていても何も解決しません。

今回は、私が長い社会人生活で考え出したカラオケを乗り切る方法をお教えします。

カラオケ大嫌い

日本のサラリーマンは飲み会の後はカラオケに行かないとダメだみたいな変な固定観念があるようで、私も何十回と嫌な思いをしてきました。

私は特に音痴なわけでもないですが、カラオケが嫌いな理由がたくさんあります。

恥ずかしい

一番の理由はこれです。なんで職場が一緒なだけのそんなに仲良くない人達に歌を聞かせなきゃいけないのか。理解に苦しみます。

音痴だと、最初はなんとなく手拍子とかしてくれるけど、途中から曲選びしたり携帯いじったり部屋を出ていったりされて心に傷を負う、と私の同僚も言っていました。

選曲が難しい

次にこれ、何を歌えばいいのか分かりません。

私の長年の経験から分かったことですが、

最近の曲を歌っても、最近は昔と違いみんなが知っているような曲がほとんど生まれないので、何この曲?みたいな顔をされます。

ロックなどの激しい曲を歌っても、手拍子とかで盛り上げてくれればまだいいですが、それが無いと一人だけ必死な感じに見えて悲しくなります。

バラードはみんな聞いてくれますが、仕方なく聞いてくれてるんじゃないか、早く終われと思われているんじゃないかと不安になります。

アニソンなどのオタクっぽい曲を歌うと、メジャーな曲なら喜ばれることもありますが、知らない曲だと気持ち悪がられます。

上手すぎても下手すぎてもだめ

歌が下手なのはもちろんだめです。同僚が経験したように、みんな違うことを始めてしまいます。

かといって逆に上手すぎてもだめです。昔、歌のうまい同僚が会社の飲み会後のカラオケで、抜群の歌唱力で何かの洋楽を歌い上げました。聞いていたみんなは、うまい、上手だ、すごい、と褒めていましたが、一人だけ「うますぎて嫌味が出てしまってる」と言いました。あぁ、こういう人もいるんだ。カラオケって上手くてもダメなんだ。とこの時初めて知りました。

karaoke

もうお分かりでしょう。

もうダメなんです!何を歌ってもダメなんです!上手くても下手でもダメなんです!

じゃあどうすればいいのか!

長年の苦悩の末、私が導き出した答えがこれです↓

逆転の発想で解決

そう、逆転の発想です。

答えは「歌わない」こと!これです!

ん?どういうこと?そう思いますよね。説明します。

もちろんマイクが回ってきて「歌いません」とは言えません。言えば空気を悪くしてしまい、今後の付き合いに支障が出る恐れがあります。

「歌わない」のではなく、「曲は入れるけど歌は歌わない」のです。

具体的に言うと、ももクロの曲を入れて、歌が始まっても歌わず、コールだけをやるのです!

これは100%ウケます。今まで何回もやりましたが、滑り知らずです。誰も嫌な思いをせず、退屈させることもなく、みんな笑顔になれる唯一の方法です。おすすめです。

曲は「行くぜ!怪盗少女!」が良いでしょう。一番知名度があり、コールも覚えやすいからです。

やり方はこうです。まず曲を入れて前まで行きます。そして曲が始まるとももクロちゃん達の自己紹介の声が入ります。そこでまず最初の掛け声、ももクロちゃん達の声に合わせてメンバーの名前をコールします。ここで聞いているみんなは「ん?なんか始まったぞ」と注目します。携帯を見られたり出て行かれたりされて心が傷つく可能性が低くなります。

その後、1番が始まりますが、歌いません。この時みんなは「ん?なんで歌わないの?曲始まってるけど」と思うはずです。でもあなたは歌いません。じーっとマイクを握ったまま動いてはいけません。そして緑色担当のももかさんのパートが終わる時に初めて動きます「あー!ももかー!」こう叫びましょう。ここで周りは笑うはずです。私がやった時は100%ここで爆笑が起きました。

それからは曲に合わせてコールを続けます。コールが分からなければネットで検索して少し勉強しましょう。基本メンバーの名前を叫ぶだけなのですぐ覚えられます。

コールを大きな声でやればやるほど盛り上がります。恥ずかしいと思いますが、真面目に歌を歌って嫌な思いをするよりは100倍マシでしょう。頑張って最後までコールを続けましょう。

あとは歌い終わりにみんなから求められるハイタッチに応えるだけです。

簡単でしょ?たった一曲ももクロちゃんの曲を覚えるだけで、あの嫌なカラオケを乗り切れるんです。革命的ではないでしょうか。

ちなみになぜももクロちゃんなのかというと、AKBなど他のアイドルより一般ウケすると思うからです。もちろん私が熱狂的なファン、モノノフと呼ばれる人種なことも理由の一つではありますが……。

他の方法

上記の方法でもうカラオケは大丈夫です。

しかし、中にはちょっと恥ずかしい、こんなのやりたくない。と思う人もいるでしょう。

そんな人には過去私が試してきた方法も特別に教えちゃいます。箇条書きで失礼します。

  • ケツに名刺をはさんでケツメイシを歌う
  • ロード第1章から13章まで全部歌う
  • パートナーとマイクを互いに向け合って歌う
  • 長渕剛のCaptain of the Shipを本気で歌う
  • 歌い終わったら演歌歌手がやるみたいに口パクでありがとうございましたとやって深くお辞儀する
  • スタンハンセンの入場曲サンライズを入れる。最初は静かですが、途中からいきなり激しく曲調が変わるのでその時に大丈夫そうな人に殴り掛かる。

だいたいこんな感じのことを試してきました。どれもなかなか良い反応でした。どれかできそうなのがあれば試してみてください。

最後に

私が考えた最高の解決法、いかがだったでしょうか。

これでもうカラオケなんか怖くありませんね。

もしこれでもダメなら、べろべろに酔ったフリして寝たフリをしましょう。

まぁ人って案外自分のことなんか見てないものです。何を歌ったかなんて1週間後には忘れてます。飲み会の後なんてなおさらです。気楽にいきましょう。