その店員さんで大丈夫!?現役販売員に聞いた家電量販店で失敗しない買い物方法

大型の家電屋さんっていいですよね。私はたまに行くと目的も無くぐるぐる回ってしまいます。

先日、洗濯機を買おうと思って近くにいた店員さんに話を聞きいたところ、

このメーカーがいいですよ〜と教えてくれてたんですが、おすすめ以外のメーカーの商品のことをよく知らないようで、他の店員さんにバトンタッチされてしまいました。

後から来た店員さんはいろんなメーカーのことを知っていました。そしてさっきの店員さんと違うメーカーをおすすめしてくれました。

ん?店員さんが違うとこんなに言うことが違うの?もしかして人によって当たりハズレがある?

なんて思いまして、ちょうど大きな家電量販店で働いている知人がいたので聞いてみました。

その店員は店員じゃない!

店員さんで言うこと全然違ったんだけどなんで? 
家電屋の知人
あぁそれね、店員だけど店員じゃない人だわ。

ん?どういうこと?

家電屋の知人
売り場に立っている全員が店員じゃないのよ、メーカーから派遣されて売り場に来て、自分とこの商品をPRする人がいるのよ。それに声かけたんだよ多分。

と言われました。

確かになんか制服が違ったような記憶があります。

私が話しかけたのは家電屋さんの店員じゃなくて、洗濯機メーカーの刺客だったんですね。そりゃ自分のメーカーを勧めてくるわけです。

売り場に立っている人が全員がお店の店員さんだと思ってました。びっくりです。

店員を選ぼう

当たりの店員さん

お店の制服を着ている人が本物の店員さんです。

ちなみにレジにいる人が着ているのがお店の制服らしいです。(メーカー派遣の人は基本レジはやらせてもらえないことになってるから)

当たりの人は商品のことをよく知っている人が多いみたいです。

ハズレの店員さん

レジの人と違う制服を着ている人はメーカーから派遣された人です。

大体がメーカーの名前が入った服を着ているそうです。

質問したら商品の説明をしてくれますが、自分のメーカーのものを勧めてくるので要注意。

でも、そのメーカーの商品を買うと決めている場合は、逆に店員さんより詳しい人もいたりするから良いかも。とのこと。

基本レジを打てないので、途中で本物の店員さんにバトンタッチすることになってちょっとめんどくさいです。

本物の店員さんにもハズレがいる

若い人

顔が幼い店員さんはハズレなことが多いみたいです。

そう、新入社員です。

家電量販店はOJTと言う「やりながら覚えろ」方式を取る店が多いらしく、新入社員は売り場のことも商品のこともほとんど教えられずに現場に放り込まれているようです。

もし新入社員に声をかけてしてしまうと、あたふたしながら「少々お待ち下さい」と言って先輩に聞きに行って戻ってきて、また質問するとまた聞きに行くという無限ループを経験させられることになるので、声をかける店員を選んだ方がいいとのことです。

部署移動したばかりの人

担当替えがちょくちょくあって、昨日パソコン売り場にいた人が今日は冷蔵庫を売ってる。みたいなことがよくあるみたいです。

大きな家電量販店だと、ベテラン社員でも自分の担当外の商品は全然分かってない人が多いそうなので、部署移動したばかりの店員さんには要注意です。

判別する為には「冷蔵庫担当されて長いんですか?」と聞くといいようです。

最後に

まさか店員さんにも種類があるとは知りませんでした。

変なものを買わされたり、無駄に時間を取られたりしないためにも、これから家電量販店に行くときは、声をかける人をこちらで選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする