怒る上司への対処法ってあるの?すぐに逃げられるたった1つの方法

20代の頃はよく怒られてました。ねこたろです

よく怒る上司ってどこにでもいますよね。

私もかなり怒られてきた方ですが、長年の経験から上司との付き合い方を学び、今ではどんな人とでも仲良くできるようになりました。

そんな私が編み出した、怒ってる上司からとりあえず逃げる方法をお教えします。

自分がミスをして上司が怒った時の逃げ方

上司が怒る時は大体、

  • 自分がイライラしている時
  • 部下が気に障る態度を取った時
  • 部下がミスをした時

こんな感じのことが原因だと思います。

上司がイライラしている時と、自分が気に触る態度を取ってしまった時は、反論せずにとにかく謝るのがいいと思います。

ヘタに反論してしまうと、さらに怒らせてしまい、めちゃめちゃ怒られて、胃に穴が空くほどのストレスを溜め込んでしまうことになります。

怒ってる人は何を言っても聞かないから注意だよ

ただ、自分がミスをして怒られている時には、逃げる方法があります

言うべき言葉はたったひとつ

確認します

これです。

ミスで怒っているということは、必ず原因があります。

私の経験上、怒っている上司は

上司
なんでこんなことになったんだ!説明しろ!

このように原因を聞いてくることが多いです。

これに、

自分
いや、データにミスがありまして、なんたらかんたら……

このように、その場で原因を説明すると

上司
それが分かってるんだったらなんでそれを直さないんだバカヤロウ!大体お前はいつもなんたらかんたら……

なんて感じで、上司に怒る機会を与えてしまうことになります。

これに対して、確認します。を使うと、

上司
なんでこんなことになったんだ!説明しろ!
自分
確認します!
上司
おっ、おう!早くしろよな!
自分
はい!

こうなります。

ミスの原因を聞かれた時に「確認します」と答えることで、上司が怒る機会を潰すことができるのです。ターンエンドです。

その場で理由を答えると、部下は説明しているつもりでも、上司は反論された、と捉えてしい、火に油を注ぐことになってしまいます。

しかし、「確認します」を使うと、その場からすぐに逃げられるだけではなく、怒られても反論しなかった従順なヤツ、しかも自分で原因を調べて解決しようとするデキるヤツ。と思わせることができるのです。

さらに「確認します」には、自分が犯したミスでも、誰か第三者がミスをしたように思わせるニュアンスも含まれています。なので、上司は「あれ、こいつがミスしたんじゃないのかも……。」と思い、少し当たりが弱くなります。

そして、確認しますと言って逃げた後、しばらく時間が経つと、上司も冷静になってきます

そのタイミングで、

自分
原因はこうでした!こうやって解決します!こうやってミスの再発を防ぎます!

このように報告することで、

上司
こいつやべぇ。パネェわ

と、上司の中での自分の評価がググッと上がります

後は本当にミスしないように仕事をしていれば、ミスの再発対策をしっかりしてるんだなぁ。と、日を追うごとに自分の評価が高くなっていくのです。

このやり方で、私はどんな上司とでも仲良くやっていけるようになりました。

同僚からは、上司に好かれやすい体質の変人、年上キラー、なんて呼ばれていました。

もし、怒り狂う上司に困っている人は、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

怒りを信頼に変えるたった1つの方法、それが「確認します」です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする