プレミアムフライデーって何?私に関係あるの?

holiday

プレミアムフライデーというのが始まるらしいですが、私の会社からは何のお知らせも無いので、一体何なのかを調べてみました。

まだあまりよく分かっていない人もいると思いますのでよかったら参考にしてみてください。

プレミアムフライデーって何?

簡単に言うと、

毎月最後の金曜日は仕事を早く切り上げ午後3時くらいに帰って、空いた時間で好きなことをやりなさい。

という制度らしいです。

実施は2017年2月24日から。この記事を書いているのは実施前日の2月23日ですが、私の周りでは半分以上の人が何それ?って感じです。

制度自体は働きすぎの日本人にはちょっとうれしい内容だと思いますが、うまくいくのでしょうか。

メリット

  • プライベートな時間が増える。
  • 空いた時間で飲みに行ったり旅行に行ったりして、個人消費が伸びる。
  • 長時間労働の悪い習慣が改められるきっかけになるかもしれない。
  • 平日行くのが難しい役所などに行ける。

デメリット

  • 全企業がやるわけではないので恩恵を受けられない人もいる。
  • サービス業は逆に業務が増える。
  • アルバイトなどの時給で働いている人は給料が下がる。

心配されていること

  • 早上がりする為に朝の出勤時間が早くなるのではないか。
  • いつもの仕事量を短時間で済ませる必要があり結局忙しくなるのではないか。
  • 次の月曜日に貯まった仕事を一気にやることになるのではないか。
  • タイムカードを押して早上がりをしたことにしてサービス残業させられるのではないか。

こんな意見も聞かれます。

自分には関係ない?

ソフトバンク、サントリー、日産などの名だたる企業が午後3時退社を奨励するみたいですが、現時点では参加企業数は日本全体の3%ぐらいらしいです。

やっぱり自分には関係ない?いえいえ、こんな事が考えられますよ↓

自分の会社が導入しなくても影響すること

良いこと

  • 帰宅時間の電車に人が少なくなる。
  • 車の渋滞が少し緩和される。

悪いこと

  • 取引先が早く閉まるので、その前にやりとりを終わらせる必要がある。
  • 他の会社は終わっているのに、うちはまだ仕事をしなくてはならないとモチベーションが下がる。
  • 行こうとしたお店も早上がりして閉まっている。

帰りの電車が空くならちょっとうれしいですが、導入している取引先に合わせて仕事をする必要が出てくるので、こっちも忙しくなってしまいそうです。

thinking

多分失敗する

私の個人的な意見ですが、おそらく浸透せずに失敗するのではないかと思います。

私の同僚に話を聞いてみましたが、

  • うちで導入されても困る。早く帰ったら妻の機嫌が悪くなりそう
  • 飲みに行ったり買い物をするお金が無い。
  • 労働者のガス抜きしようというのが丸分かり。国の思惑に乗せられたくないからこんな制度いらない。

などの意見がありました。

ガス抜きというのは確かにそうだなと思いました。こんなの企画しました!労働者のことちゃんと考えてますよ!って感を出したいだけに思えます。

根本的に間違ってるのは、時間が増えれば消費も増えるだろうということ。

実際は逆で、時間がないんじゃなくてお金が無いのです。

年金も貰えそうにないから貯金せざるをえず、私達一般人は、したくても消費できないのです。

こんなことを企画する前に賃金を上げたり、新たな社会保障政策を考えるなどして欲しいものです。

まとめ

私の周りでは否定的な人が多かったですが、実際に始まってみないとどうなるか分かりません。

もしかしたらすごく良い社会になるかもしれませんので、この新しい制度を前向きにとらえ、これからも注目していきたいと思います。

2000円札やマイナンバーみたいな感じで、そういえばあれどうなった?とならないように祈るばかりです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする